メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎帰国者受け入れ「勝浦はヒーロー」 患者入院の病院医師が緊急講演

大勢の市民が集まった新型コロナウイルスに関する説明会=勝浦市で、2020年2月3日、中島章隆撮影

 中国・武漢市からの帰国者約180人が市内のホテルに滞在している千葉県勝浦市は3日夕、市芸術文化交流センター大ホールで新型コロナウイルスの現状と対策について解説する講演会を開いた。市内のホテルが経過観察の宿舎として使われることを市民は事前に知らされず、「なぜ勝浦なのか」などの不満や不安の声が出ていたため、市が急きょ、開催を決めた。会場には約400人が集まり、熱心に耳を傾けた。

 講師はホテル滞在中に陽性反応が出た2人が入院している亀田総合病院(鴨川市)感染症科の細川直登部長(53)。細川部長は、武漢市から日本人が帰国した経緯と国内で実施した検査について詳細に説明した上で、「受け入れた勝浦はヒーローとして称賛されるべきだ」と語る一方、今回の新型コロナウイルスについて「感染力は通常のインフルエンザウイルス並みで、おそらく毒性は強くない。一般的なせきエチケットや手洗いで予防で…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

  5. 新型コロナ感染の大阪・毎日放送役員が死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです