メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 帰国者の施設滞在「2週間」から短縮検討 菅官房長官

菅義偉官房長官=首相官邸で、川田雅浩撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、中国湖北省からの帰国者が政府の指定施設に滞在する期間について、当初の2週間から短縮を検討する考えを示した。ウイルスの潜伏期間が「最長2週間」だとする知見を根拠にしていたが、世界保健機関(WHO)が最新の見解で「最長10日間…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、深夜に大勢判明

  3. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  4. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  5. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです