メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花岡事件訴訟、2審も元労働者側の請求棄却 日本の強制連行関与認める 大阪高裁

大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 第二次世界大戦中に日本に強制連行され、花岡鉱山(秋田県)などで過酷な労働を強いられたとして、中国人の元労働者と遺族計21人が国に8250万円の賠償と謝罪を求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁は4日、請求を退けた1審判決を支持し、元労働者側の控訴を棄却した。江口とし子裁判長は「日中共同声明で個人の賠償請求権は放棄されたとみるべきだ」と判断した。元労働者側は上告する方針。

 判決は1審・大阪地裁判決(2019年1月)と同様に、強制連行に日本政府の全面的な関与があったと認めて「(労働者らの)精神的・肉体的苦痛は極めて大きかった」と言及した。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです