メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「俺たちは見ない、読まない」キングダムで海賊版撲滅キャンペーン 福岡県警

人気漫画キングダムを活用し、海賊版撲滅を呼び掛ける福岡県警の啓発ポスター

[PR]

 福岡県警は4日、漫画などのコンテンツを無断でインターネット上に公開する違法行為の撲滅を目指し、人気漫画「キングダム」のキャラクターたちが「俺たちは見ない、読まない」と呼び掛ける啓発ポスター(縦51センチ、横36センチ)を公開した。

 県警は、キングダムを含む数万冊の漫画が被害に遭った海賊版サイト「漫画村」事件の捜査を主導。キングダムを発行する集英社が感謝の気持ちを込めて作製に全面協力した。合同捜査本部に参加した福岡、栃木、鳥取、熊本、大分5県警の各警察署や高校に掲示される。

 ポスターには力強いポーズをとる主人公・信ら主要キャラクターが描かれ「STOP!海賊版」などのメッセージを添えた。6000枚の作製費は集英社が負担した。

 漫画村事件の著作権侵害による被害額は約3200億円に上るとみられ、合同捜査本部は2019年7月以降、著作権法違反容疑などで首謀者とされる男ら計4人を逮捕した。うち2人は有罪判決が確定している。

 しかし、事件後も海賊版サイトは減らず、福岡県警が効果の高い啓発方法について集英社に相談したところ、キングダムの活用を提案された。作者の原泰久さんは「大変有効な取り組み」と話しているという。

 漫画誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中のキングダムは、中国の春秋戦国時代が舞台で、単行本の発行数は累計4700万部を超え、19年春に実写版映画も公開された。【中里顕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです