保護した高齢男性置き去りで愛知県が謝罪 知事「心からおわび。職員厳正処分」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
謝罪する愛知県福祉局の平田雅也局長(中央)ら=名古屋市中区の愛知県庁で、2020年2月4日午後4時5分、竹田直人撮影
謝罪する愛知県福祉局の平田雅也局長(中央)ら=名古屋市中区の愛知県庁で、2020年2月4日午後4時5分、竹田直人撮影

 愛知県職員がいったん保護した身元不明の70代男性を公園に放置し、立ち去っていた問題で、職員が虚偽の説明で事実を隠蔽(いんぺい)し続けていたことが4日、判明した。県福祉局の平田雅也局長らが同日開いた記者会見で明らかにし「職員の公務員としての使命感、責任感が欠けていた」と述べた。県はこの日初めて家族に経緯を説明して謝罪した。

 県によると、県海部福祉相談センター職員3人は1月17日、県警津島署から、会話ができない状態の男性を引き継いだ。海部東部消防組合などに連絡したが、受け入れ先を見つけられず、同日深夜、組合管轄外の名古屋市中村区の公園に男性を連れて行き、119番した上で立ち去った。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文950文字)

あわせて読みたい

注目の特集