「潜伏期間中も人に感染。致死率低い」北大グループ解明 高リスク者に対応を

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
多数のベッドが配置され、臨時病院に姿を変えた中国・武漢の複合施設=4日、AP
多数のベッドが配置され、臨時病院に姿を変えた中国・武漢の複合施設=4日、AP

 北海道大の西浦博教授(理論疫学)は4日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見し、新型コロナウイルスの感染者の2人に1人が、発熱などの症状が出ていない潜伏期間中の感染者からうつされていたとする研究結果を発表した。一方、実際の致死率は0・3~0・6%程度にとどまるとも分析。「過度な封じ込め対策ではなく、一部の重症化した人に対する医療態勢の整備に注力すべきだ」と強調した。

 西浦教授らの研究グループは、中国やベトナムなど各国が発表した感染者計52人のデータを基に、ある患者が発症後、うつされた別の患者が発症するまでの期間から解析した。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文679文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集