メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜港沖のクルーズ船検疫 乗客乗員が多く、対応に時間 新型肺炎

 香港で下船した男性乗客(80)の新型コロナウイルスの感染が判明し、横浜・大黒ふ頭沖に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は4日も乗客乗員約3700人に対する大規模検疫を継続した。乗客乗員数が多いことなどから時間がかかっている。

 検疫では健康状態を確認し、発熱や呼吸器症状など体調不良がある人や、同様の症状がある人と近くで長時間一緒にいた人は検体を採取してウイルス検査を実施。結果が陽性だった場合、感染症指定医療機関に入院する。症状がない人は接岸後に下船・帰宅できるが、それまでは全員が船内で待機する。検査で感染が確認された人と接触しても症状がない人は帰宅し、厚労省が健康観察を続ける。

 クルーズ船は1月20日に横浜港を出発。鹿児島に寄港後、同25日に香港に到着。2月1日には那覇に寄り、横浜に戻った。男性は横浜から香港まで乗船していた。厚労省は寄港した那覇で仮検疫を済ませたが、男性の感染が判明したことから効力を取り消し、改めて検疫の実施を決めた。【金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです