メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

疑問氷解

学校で募金活動を行い、ユニセフ協会に送ったそうです。ユニセフはどのくらいの人を助けていますか

ポリオのワクチン投与を受けるロヒンギャ難民の子ども=バングラディシュで(公益財団法人日本ユニセフ協会提供)
サイクロンの被害にあった学校に、テントや教材を提供=フィジーで(公益財団法人 日本ユニセフ協会提供)

[PR]

 Q 学校がっこう募金活動ぼきんかつどうおこない、ユニセフ協会きょうかいおくったそうです。ユニセフはどのくらいのひとたすけていますか。(東京都とうきょうと読者どくしゃ

ワクチンだけでも6000まんにん以上いじょう

 A ユニセフの正式せいしき名前なまえは「国連児童基金こくれんじどうききん(UNICEF)」。世界中せかいじゅうどものいのち権利けんりまもるためにおかねあつめて活動かつどうしています。ユニセフの活動かつどう世界せかいどもたちのことをつたえたり、ユニセフをささえる募金活動ぼきんかつどうをしたりしているのが各国かっこくのユニセフ協会きょうかいで、日本にっぽんにあるのが「公益財団法人こうえきざいだんほうじん日本にほんユニセフ協会きょうかい」です。広報室こうほうしつはやし茉以まいさんにきました。

    □

 日本にほんユニセフ協会きょうかいには2018ねんの1ねんかんで192おくえん寄付きふきんあつまりました。その8わりにあたる156おくえんをアメリカのニューヨークにあるユニセフ本部ほんぶおくりました。のこりのおかねは、日本にっぽんひとにユニセフの活動かつどうってもらうために使つかっています。たとえば学校がっこう出前授業でまえじゅぎょうおこなっています。

 ユニセフ本部ほんぶには2018ねん世界中せかいじゅうから66おくドル(7200おくえん)があつまりました。これは、日本にっぽんなど139かこく政府せいふしたおかねと、一般いっぱんひとたちによる寄付きふきん14おくドル(1600おくえん)などの合計ごうけいです。ユニセフ協会きょうかいは33の先進せんしんこく地域ちいきにあります。日本にっぽん世界せかいで2番目ばんめおおくおかねおくったくにです。

 ユニセフはあつめたおかね使つかい、150以上いじょうくに活動かつどうしています。アフリカでの活動かつどうおおく、それは5さいになるまえ病気びょうき栄養えいよう不足ぶそくんでしまうどもがおおいからです。あらそいや災害さいがいでそれまでの生活せいかつができなくなったや、場所ばしょうしなって難民なんみんとなったには、すぐにたすけが必要ひつようです。

 活動かつどう第一だいいちは、どもが健康けんこうそだつために、栄養えいようおぎなうためのものやミルク、病気びょうきふせぐワクチンをあたえることです。

 どもがまなぶことも大事だいじです。ノートなどをとどけ、現地げんち先生せんせい学校がっこうどもをおしえられるように手伝てつだっています。

 ただ「何人なんにんたすけたか」をこたえるのはなかなかむずかしいです。健康けんこう教育きょういく支援しえん必要ひつようなことがおおく、「2018ねんにワクチンを6550まんにんどもにあたえた」など活動かつどうごとにしかこたえられません。

 目標もくひょうは、将来しょうらいユニセフのたすけがなくてもどものいのち権利けんりまもられることです。モノをとどけるだけでなく、現地げんちどもの健康けんこう教育きょういくのための仕組しくみをつくらなければなりません。

 寄付きふきん使つかわれかたることをきっかけに、自分じぶんおなとしごろのどもがどんな状況じょうきょうにあるのかを想像そうぞうしてもらえたらとおもいます。【黒崎亜弓くろさきあゆみ


ユニセフのおも活動かつどう(2018ねん

あかちゃんがまれるとき手助てだすけ              2700まんにん

いつつの病気びょうきふせぐワクチンを3かいあたえる    6550まんにん

安全あんぜんみずはいるようにする        4300まんにん

教育きょういくけられるように手伝てつだう               1200まんにん

おも栄養えいよう不足ぶそくくるしむどもをたすける  400まんにん

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです