メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[衝撃の中身だった!]道路脇や中央分離帯によく落ちている「飲みかけのペットボトル」の正体とは?

情報提供:カートップ

【衝撃の中身だった!】道路脇や中央分離帯によく落ちている「飲みかけのペットボトル」の正体とは?

落ちているのは飲みかけの「お茶」ばかりでジュースはない……

 ポイ捨てというのは非常にみっともない行為で、今やクルマに乗っていても、歩いていてもとにかく捨ててはダメ。当たり前のことに思うかもしれないが、ちょっと前まではタバコの吸い殻を窓からポイするのを見かけたもので、最近マナー向上が著しいとも言える。

 そんななか、いつもの交差点(都心)で信号待ちをしていて、ふと中央分離帯の茂みに目をやるとゴミがけっこう散らかっていて、そのなかに飲みかけのペットボトルがあるのを目撃。それ以来、いつ見ても落ちていて、やっぱり今でもマナー悪いんだな、と嘆くことしきりだった。

中央分離帯の茂みによく落ちている「飲みかけのペットボトル」の正体とは

 しかし、ふと「毎回お茶ばかり落ちているのはなぜだ!?」と思った。缶コーヒーの空き缶はあるにしても、コーラでもなければ、ジュースでもない。落ちているのはお茶ばかりで、なぜかフィルムを剥がした素のペットボトルもあったりする。

 ここ数年間はそれでも、飲みかけを捨ててもったいないなぁ、ぐらいにしか思っていなかったのだが、突然ひらめいた。「あれはお茶じゃないんじゃないか」と。ではなにか? というと、ズバリ言ってしまうと「おしっこ」。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです