メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「政府の信用」という問題=与良正男

与良正男・専門編集委員

 「新型コロナウイルスへの対応で大変な時に、桜を見る会の問題を追及している場合か」という批判を、野党のみならず私もいただく。確かに桜疑惑は人命に関わる話ではない。国会でのやりとりを聞いていると、私もうんざりすることがある。

 だが、なぜうんざりするほど長い時間が費やされているのか。安倍晋三首相がまともな答弁をしない、いや説明できないからだ。

 要するに、これは今の政権が信用できるかどうかの問題なのである。新型肺炎でも都合の悪い情報を隠したり、ごまかしたりしないか。決して無関係ではないのだ。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文919文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです