メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

春告草の凜々しさ=片山由美子

 二月四日は立春。年があらたまったばかりと思っていたのにもう、というのが実感である。

 東京近辺では、一年のうちの最低気温となるのが立春以降であることも多く、「暦の上では」という表現は立春にこそふさわしい。

 とはいえ、二月に入ると梅の開花の便りもとどくようになる。二月は梅見月ともいい、梅には春告草(はるつげぐさ)の異名がある。

 令和の元号が決められる際、出典が『万葉集』の「梅花の歌」の序文であることが明らかにされた。その頃、梅が中国から入ってきたのである。

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです