メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツクライミング大会 5月に盛岡で開催 /岩手

 盛岡市と県は4日、東京五輪で初採用されるスポーツクライミングの大会が5月16、17の両日、同市の県営運動公園登はん競技場で開催されると発表した。日本山岳・スポーツクライミング協会が主催し、男女計約40人が出場予定。谷藤裕明市長は「五輪前に開かれる国内最後のコンバインド(複合)大会。五輪代表選手の出場も予想される」と盛り上がりに期待している。

 大会は「第3回コンバインドジャパンカップ」。盛岡市では4月27日~5月3日にアジア選手権が行われる予定だったが、協会は2019年10月、財源不足で開催を返上すると発表した。その後、同市は協会から「同様の規模の大会を盛岡で開催するよう最大限配慮したい」と申し出を受けていたという。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです