メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1年災いなく 身代わり「人型」夜の川面に舞う 綾部で節分行事「大本教祭典」 /京都

 大本教の祭典「大本節分大祭」が3日夜から綾部市内で執り行われた。全国各地から大勢の参拝者らが訪れ、災いなく無事に1年間が過ごせるよう祈っていた。厄よけの神事「人型大祓(おおはらい)」は紙でできた人間をかたどった「人型」に名前などを記入し、神前で清められた後、近くの由良川に向かって放たれた。暗闇の中…

この記事は有料記事です。

残り86文字(全文236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  4. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性化を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです