メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

映画監督・田中千世子さん(70) 昭乗、遠州の絆にひかれ

映画「空中茶室を夢みた男」の田中千世子監督=大阪市西区で、山中宏之撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

 日本文化に着目した映画を多く手掛けてきた映画監督、田中千世子さん(70)が、新作を世に出した。「空中茶室を夢みた男」。江戸初期の石清水八幡宮(京都府八幡市)の社僧・松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)(1582?~1639年)と、大名茶人・小堀遠州(1579~1647年)を巡るドキュメンタリーだ。【山中宏之】

 大名ながら築城、作庭など多才ぶりで知られ、遠州流茶道の祖でもある遠州。「知人から遠州の魅力を教えられ、調べるうちにたどり着いたのが昭乗でした」

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  4. 首相、時計指さし「時間が来てるよ」 予算委の野党発言中に再び不規則発言

  5. 観光地も渋谷交差点もガラン 都内で外出自粛始まる 「休めない」仕事へ向かう人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです