停車促すカラー舗装、信号のない横断歩道に 県5カ所、予算計上し試行 /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一時停止を促す舗装
一時停止を促す舗装

 信号機のない横断歩道での安全確保を目指し、県は2020年度、横断歩道の直前にカラー舗装を施し、一時停止の徹底をドライバーに訴える試みを始める。20年度一般会計当初予算案に計上する。【木原真希】

 県道路保全課によると、カラー舗装するのは、白浜町の白良浜に向かう道路など5カ所ほど。観光地など通行量の多い場所で、なおかつ過去3年間に車と歩行者の事故が発生した場所を選んだという。

 舗装の塗装は黄色や赤褐色など視覚に訴える目立つ色を検討しており、滑り止め機能が付いたものを用いるという。さらに、その手前には通行車両を減速させるため、段差をつけた舗装も施すという。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集