メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

停車促すカラー舗装、信号のない横断歩道に 県5カ所、予算計上し試行 /和歌山

一時停止を促す舗装

 信号機のない横断歩道での安全確保を目指し、県は2020年度、横断歩道の直前にカラー舗装を施し、一時停止の徹底をドライバーに訴える試みを始める。20年度一般会計当初予算案に計上する。【木原真希】

 県道路保全課によると、カラー舗装するのは、白浜町の白良浜に向かう道路など5カ所ほど。観光地など通行量の多い場所で、なおかつ過去3年間に車と歩行者の事故が発生した場所を選んだという。

 舗装の塗装は黄色や赤褐色など視覚に訴える目立つ色を検討しており、滑り止め機能が付いたものを用いるという。さらに、その手前には通行車両を減速させるため、段差をつけた舗装も施すという。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです