メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「武漢加油!」ではあるが=古賀攻

 <sui-setsu>

 国家は、緊急時にこそ本性を現すと言われる。

 新型コロナウイルスをめぐり、中国が地方に自己批判させて中央を守ろうとするのも、米国が中国全土への渡航禁止という強い措置に出たのも、それぞれの国柄だ。

 安倍政権の緊急措置というと、何かギラギラしたものを連想するが、3日連続で実施されたチャーター便の派遣は、ストレートで混じり気のない任務だった。

 封鎖された感染エリアから日本人を脱出させるという、過去に経験のないオペレーションだ。武漢には日本の領事館がないハンディキャップも抱えていた。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです