メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「武漢加油!」ではあるが=古賀攻

 <sui-setsu>

 国家は、緊急時にこそ本性を現すと言われる。

 新型コロナウイルスをめぐり、中国が地方に自己批判させて中央を守ろうとするのも、米国が中国全土への渡航禁止という強い措置に出たのも、それぞれの国柄だ。

 安倍政権の緊急措置というと、何かギラギラしたものを連想するが、3日連続で実施されたチャーター便の派遣は、ストレートで混じり気のない任務だった。

 封鎖された感染エリアから日本人を脱出させるという、過去に経験のないオペレーションだ。武漢には日本の領事館がないハンディキャップも抱えていた。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1021文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです