メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

秋田・能代 英雄見守る「体操の街」

 1964年9月20日、青森県から秋田県に入ってきた聖火はその後、日本海沿岸部に進み、翌21日に能代市に到着した。同市は、その年の東京五輪で選手団主将を務め、選手宣誓もした体操男子の小野喬さん(88)の出身地だ。小野さんは東京五輪まで夏の五輪4大会に連続出場し、金メダル五つを含む13のメダルを獲得。東京五輪の前から、市民体育館に銅像が建立されるほど…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです