メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

山田淳子さん=北方領土元島民3世の写真家

 「自分のルーツについて何も知らないと気づいたことが、きっかけでした」。4日に始まった初の個展の主題は北方領土だ。小学生の頃に他界した祖父が、歯舞群島の志発(しぼつ)島出身だった。

 大学院を出た後、アルバイト先でカメラの魅力を知り、写真の道へ。2年ほど前、「祖父がどんな場所でどう暮らしていたのか」を知りたくなり、北方領土関連の撮影を思い立った。

 北方領土の対岸、北海道根室市などで北方四島出身者10人に会った。話の断片がつながり、祖父の体験がよみがえったように感じた。話題は戦時中の暮らしが多かったが、「生活は島から引き揚げた後の方が苦しかったそうです」。「島では大きな家でカニ入りカレーを食べていたと聞き、イメージが一変した」とも。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです