メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

指3本しびれ、感覚ない=答える人・広田健吾助教(東京女子医大東医療センター・脳神経外科)

広田健吾助教 東京女子医大東医療センター(脳神経外科)

 Q 指3本しびれ、感覚ない

 10年前から右親指と人さし指、中指がしびれて感覚がありません。手根管症候群と診断され、手術を勧められましたが、他に治す方法はありませんか。(埼玉県、女性、71歳)

 A 手根管症候群、手術すれば楽に

 手根管は、手のひらにある手根骨と靱帯(じんたい)で囲まれたトンネルのことです。この中に指を動かすけんと正中神経が通っています。手根管症候群は何らかの原因で手根管内の圧力が高まり、正中神経が圧迫されて痛みやしびれが生じる病気です。原因がはっきり分からないケースが多いですが、妊娠・出産後や更年期の女性、バレーボールなどのスポーツやパソコンで手を酷使する人、透析中の人などが多いと言われています。女性が多いのは女性ホルモンの乱れが原因と考えられています。

 手根管症候群になると、手指や手のひらに痛みやしびれを感じ、親指が動かしづらくなります。親指から薬指の親指側の3本半の範囲に出やすく、薬指の小指側には症状が出ません。夜間や夜明けに症状が強く出て、痛みで目を覚ます人もいます。手を振ると楽になる特徴があります。症状が進むと母指の付け根の筋肉(母指球筋)が萎縮します。ボタンがかけづらくなったり、箸が持ちづらくなったりするなど日常生活に支障が出てきます。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「手に負えなくなる。緊急事態宣言出すべきだ」 大阪・吉村知事がツイッターで発信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです