メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・エコ

環境配慮、プラスチック進化 微生物が分解、その利点は/植物由来もあるんだね

 <くらしナビ・環境>

 石油などから作られるプラスチックは軽くて丈夫な便利な素材ですが、捨てられて海などに流出すると深刻な汚染をもたらします。問題解決に向け、環境に配慮したプラスチックの開発が進んでいます。どんな素材なのでしょうか。

 なるほドリ 環境に配慮したプラスチックってどんなものがあるの?

 記者 一つは、自然界で微生物の働きで分解されるもので、「生分解性プラ」と呼ばれます。もう一つは、植物などを原料にした「バイオマスプラ」です。バイオマスとは動植物に由来する資源のことを指します。

 Q 生分解性プラってどんな特徴があるの?

この記事は有料記事です。

残り1590文字(全文1856文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです