メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブティジェッジ氏とサンダース氏競り合う 米大統領選民主指名争い アイオワ州確定に数週間か

 11月の米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで、中西部アイオワ州民主党本部は4日夕(日本時間5日午前)、前夜に実施された党員集会の中間集計を公表した。穏健派で最年少候補のピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)と急進左派で最年長のバーニー・サンダース上院議員(78)とが激しく首位を争っている。

 党員集会では、約1700の集会所ごとの得票率に応じて代議員を割り当てる。集計率62%の段階で、獲得する代議員の割合はブティジェッジ氏が26・9%▽サンダース氏25・1%▽エリザベス・ウォーレン上院議員(70)18・3%▽ジョー・バイデン前副大統領(77)15・6%――と続く。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです