WHO「マスクは予防にならない」「パンデミックでなく『インフォデミック』」 新型肺炎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 世界保健機関(WHO)の担当者は4日、新型コロナウイルスについて「必ずしもマスク着用は感染予防にはならない」と述べた。手洗いの方が効果的だという。一方、ウイルスに感染した人は、流行を広げないためにマスクをすべきだと指摘した。

 専門家の間では、家族が看病する場合など、近くで症状がある人の飛沫(ひまつ)を浴びる可能性があ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

注目の特集