新型コロナ国内初の集団感染 横浜のクルーズ船10人確認 他の乗客らも14日間船内に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜市の大黒ふ頭沖に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、加藤勝信厚生労働相は5日午前の記者会見で、ウイルス検査の結果が判明した乗客乗員31人のうち、男女計10人に新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。国内で集団感染が確認されたのは初めて。

 10人は午前7時半ごろから神奈川県内の医療機関に順次搬送されている。いずれも意識があり、重症の人はいないという。残りの乗客乗員について厚労省は、感染していなくても健康状態を確認するため、ウイルスの潜伏期間が過ぎる14日間程度、船内にとどまってもらう方針。持病がある人や高齢者についても追加で検査することを検討している。

 厚労省は乗客乗員の3711人全員に対する大規模検疫を実施している。香港で下船して感染が判明した乗客の男性(80)と接触したり発熱の症状を訴えたりするなどした273人についてウイルス検査したところ、結果が判明した31人のうち10人の感染が確認された。内訳は、50代4人、60代4人、70代1人、80代1人。うち3人が日本人で、7人が外国人だった。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文794文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集