総事業費340億円 愛知県がジブリパークの概要発表 22年秋開業目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジブリパーク整備エリアのイメージ図=愛知県提供
ジブリパーク整備エリアのイメージ図=愛知県提供

 愛知県は4日、長久手市の愛・地球博記念公園内に2022年秋開業を目指す「ジブリパーク」の整備概要を発表した。総事業費は約340億円。23年度予定の全面開業以降は年間約180万人(公園全体では約280万人)の来場者を想定、経済波及効果は年約480億円と見込んでいる。来場者の増加に伴い、公園内に新たに駐車場も整備する。【黒尾透】

 ジブリパークは5エリアで構成し、総面積は7・1ヘクタール。うち3エリア(計3・4ヘクタール)が先行開業する。「ジブリの大倉庫エリア」にある映像展示室などを備えた屋内施設「ジブリの大倉庫」は延べ床面積9600平方メートルで、展示面積は「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)の約4倍という。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文825文字)

あわせて読みたい

注目の特集