消費者庁「マスクの転売問題」 新型肺炎で品薄感が急速に進む

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マスク購入制限を呼びかける「下川薬局さくらまち店」の張り紙=熊本市中央区桜町で2020年2月4日、清水晃平撮影
マスク購入制限を呼びかける「下川薬局さくらまち店」の張り紙=熊本市中央区桜町で2020年2月4日、清水晃平撮影

 消費者庁の伊藤明子長官は5日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの品薄感が急速に進み、転売目的で購入する動きがあることを明らかにした。「本当に必要な人に届かなくなるのは問題だ」と述べ、取引サイトなどの運営業者に利用者への注意喚起を求める方針を示した。

 同庁によると、各地の消費生活相談窓口に「マスク…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集