メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「拘束は疑いない」 北海道教育大・中国人教授不明で家族らが会見

一日も早い帰国を訴える袁教授の長男、袁成驥さん(右から2人目)=札幌市中央区で2020年2月5日午後4時22分

 北海道教育大(札幌市)の中国人研究者、袁克勤(えんこくきん)教授が2019年6月から中国で音信不通になっている問題で、袁教授の長男の袁成驥(えんせいき)さん(28)らが札幌市内で会見を開いた。同席した岩下明裕・北海道大教授ら研究者有志は「複数の関係者などの聞き取りから、拘束されていることは疑いよう…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 飲食店でクラスター 神戸で初 県内新規感染は48人 /兵庫

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです