「拘束は疑いない」 北海道教育大・中国人教授不明で家族らが会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一日も早い帰国を訴える袁教授の長男、袁成驥さん(右から2人目)=札幌市中央区で2020年2月5日午後4時22分
一日も早い帰国を訴える袁教授の長男、袁成驥さん(右から2人目)=札幌市中央区で2020年2月5日午後4時22分

 北海道教育大(札幌市)の中国人研究者、袁克勤(えんこくきん)教授が2019年6月から中国で音信不通になっている問題で、袁教授の長男の袁成驥(えんせいき)さん(28)らが札幌市内で会見を開いた。同席した岩下明裕・北海道大教授ら研究者有志は「複数の関係者などの聞き取りから、拘束されていることは疑いよう…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

あわせて読みたい

ニュース特集