メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2800人分のがんゲノムを大規模解析 異常を4600万個特定 理研、東大など

東大安田講堂=東京都文京区で、武市公孝撮影

 理化学研究所と東京大が参加する国際連携プロジェクトが、日米英など十数カ国約2800人のがん患者の遺伝情報(全ゲノム)を解析した結果、発症に関連する可能性がある異常を計4600万個特定した。6日の英科学誌ネイチャー(電子版)で成果を発表した。未発見だった異常も多く、研究チームは「将来のがんゲノム医療の基盤となりうる情報だ」と期待する。

 プロジェクトには37カ国の研究者ら1300人が参加。肝臓がんや膵臓(すいぞう)がん、乳がんなど38種類のがん細胞と患者の血液のゲノムを照合して異常や変異を検出し、特徴や関連を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 新たに感染30人確認、国内計1万7336人 11人亡くなり死者は876人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです