斜面崩落で死亡女性は県立高の18歳女子生徒 神奈川・逗子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5日午前8時ごろ、神奈川県逗子市池子2の市道に面する民有地の斜面が崩落し、歩いて通行していた県立高校の女子生徒(18)が土砂の下敷きになった。女子生徒は約20分後に救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。逗子市によると、土砂崩れの前兆に関する情報は寄せられていなかったという。県警などが崩落原因などを調べている。

 現場は京急逗子線神武寺駅近くの住宅街。崩落当初は複数の人が巻き込まれたとの情報があったが、逗子市消防本部などが捜索したところ、他に巻き込まれた人はいなかった。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集