特集

ALL FOR 2020

東京オリンピック・パラリンピックの特設ページ「ALL FOR 2020 東京へともに歩む」では、五輪を目指すアスリートの情熱を紹介する「Passion」、彼らと共に歩み、そばで支える人たちを描く「Together」、さまざまな分野で活躍する人たちに大会への思いを聞く「東京・わたし」などを展開します。

特集一覧

Field of View

陸上記者が語る「厚底シューズ」 不明瞭な「違反」のライン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューイヤー駅伝で多くの選手が履いていたナイキ社製のピンク色の厚底シューズ。市販されており、今後の使用も認められた=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影
ニューイヤー駅伝で多くの選手が履いていたナイキ社製のピンク色の厚底シューズ。市販されており、今後の使用も認められた=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 結局、厚底シューズは何が問題だったのか? 陸上長距離で好記録の一因として話題になり、規制の有無が議論された米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズについて、ワールドアスレチックス(世界陸連)は1月31日、条件付きで使用を容認した。底の厚さは4センチ以下、靴底に埋め込む弾力性のあるプレートは1枚までなどの新ルールを設け、市販済みのシューズは「問題なし」としたが、私は問題の本質に踏み込まなかった世界陸連の姿勢に疑問を感じた。【小林悠太】

 世界陸連はシューズについて、競技規則第143条で「使用者に不公平となる助力や利益を与えるようなものであってはならない」と規定しているが、長距離種目に関する靴底の厚さや反発力の明確な数値は定めていなかった。ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、反発力の強いカーボンファイバー(炭素繊維)のプレートを宇宙産業用の軽くてクッション性のある素材で挟むことで、靴底のクッション性と反発力を両立さ…

この記事は有料記事です。

残り1055文字(全文1473文字)

【ALL FOR 2020】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集