メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の力映すeスポーツ 作戦や意思疎通、雇用判断材料に

昨年11月に都内で開かれた「ePARA2019」で、真剣な表情でパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」をプレーする乙武洋匡さん(手前)=ePARA実行委員会提供

 昨年11月、「全国初」と銘打った障害者の雇用促進のためのeスポーツ大会「ePARA2019」が東京都内で開かれた。企画したのは、運営委員会代表で元裁判所書記官の加藤大貴(だいき)さん(38)だ。【吉田卓矢】

 「ePARA2019」が開かれたのは、東京都新宿区のビルの一室。身体、知的、精神障害などがある参加者とその家族ら約80人が集まり、コントローラーを巧みに操作してコンピューターゲームの腕を競った。一進一退の攻防に、会場では歓声が上がった。

 大会は2部構成で、前半は招待選手によるパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」の試合が行われ、「五体不満足」著者で作家の乙武洋匡(ひろただ)さんや、ユーチューバーとして活躍する車椅子の男性らが対戦した。

この記事は有料記事です。

残り1025文字(全文1347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです