メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報公開制度 10市町で請求権「制限」 居住地など理由に /福井

福井市は情報公開請求ができる人を条例で制限している=同市で、久保聡撮影

 自治体が保有する公文書の開示を請求する情報公開制度で、県と県内全17市町のうち、過半数の10市町が制度を利用する「請求権」を居住地や勤務地などで制限していることが分かった。法的に問題はないが、行政や議会の透明性を高めるために請求権を制限していない自治体も多い中、福井の市民団体は「誰でも公文書を請求できるようにするのは当然だ。時代に遅れている」と批判している。【久保聡】

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです