メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書感想画中央コンクール県審査会 優秀賞14作品 /滋賀

 読書の喜びなどを絵にして表現する第31回読書感想画中央コンクール(毎日新聞社、全国学校図書館協議会など主催)の県審査会が1月に近江八幡市立桐原小であり、中央審査の対象となる今年の優秀賞14作品が決まった。

 小学校低学年、同高学年、中学・高校のそれぞれに指定された図書を読んで描く「指定読書」と、自由に題材を選ぶ「自由読書」に分けて募集。今回は県内の小学生から363点、中学生から74点、高校生から58点の計495点の応募があり、審査の結果、優秀賞のほか、優良賞29点と佳作7点を選んだ。

 中央審査の結果は近く、毎日新聞と学校図書館速報版の紙上で発表される。【竹中拓実】(文中と写真説明は敬称略)

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです