メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

描いた作った「ボクラの世界」 障がい者アート展、16日まで県立美術館 /大分

ギャラリートークで解説をする吐合センター長(中央)

 県内の障害者が手掛けたアート作品と、障害者の創作活動を支援するやまなみ工房(滋賀県甲賀市)の作品を展示する「おおいた障がい者アート展Vol1 日常のアート」が5日、大分市寿町の県立美術館で始まった。16日まで。入場無料。

 展覧会は昨年11月に設立された「おおいた障がい者芸術文化支援センター」(同市…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ずっと失業者かも…」 新型コロナで求人減少と面接会中止 離職者に逆風

  2. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです