メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時、電源なくても大丈夫 浄水器5セット、臼杵市に寄贈 群馬の会社 /大分

足踏み式ポンプを踏むと、泥水もろ過されてきれいになって出てくる

 災害時に電源がなくても水を浄化できる浄水器を開発したメーカーが、防災・減災に取り組む臼杵市に浄水器5セットを寄贈した。

 この会社は群馬県太田市にあるプラスティック加工業「サイテックス」で、20年ほど前から浄水器の開発を手がけてきた。寄贈した浄水器は「SESERA」(セセラ)。価格は本体が6万円、ポンプが2万円。

 同社によると、通常の水道の蛇口に取り付ける中空糸膜フィルターと、活性炭や貴陽石などの鉱石を使った特殊フィルターの二重構造。雑菌やにおいを除去するだけでなくミネラルを含む体に良い水ができるという。水道の蛇口に取り付けることもできるし、断水時には足踏み式ポンプを使って水たまりの泥水も浄化できる。ポンプを使うと1分で1リットルの水を浄化できる。フィルターのカートリッジは約8000リットルまで使える。

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです