メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

昭和初めに季語のない新興俳句を主導した俳人…

[PR]

 昭和初めに季語のない新興俳句を主導した俳人、日野草城(ひの・そうじょう)に「月明や沖にかゝれるコレラ船(せん)」がある。これも無季かと思えばさにあらず、船内で感染者が出て沖止めされた船――「コレラ船」が夏の季語である▲季節の風物とみるのもどうかと思うが、昔はコレラによる船舶の沖止めがひんぱんにあったようだ。年配の方なら、1960年代のエルトール型コレラの流行により日本の港で内外の船が何隻か沖止めされた騒ぎを覚えておられよう▲感染症による船の沖止めとしては、それ以来の騒ぎだろう。乗員乗客数なんと3711人、横浜港大黒ふ頭沖に停泊している豪華クルーズ船で新型コロナウイルスの感染者10人が見つかったという。感染者は陸上の病院に搬送された▲香港で下船した乗客の1人が感染者と判明していたこの船である。厚生労働省は残りの乗客も14日程度は船内にとどまってもらうという。楽しい船旅の空間が一転、洋上の隔離施設に変わった乗客の方々にはなんともお気の毒である▲大人数の乗客が船内の暮らしを共にする巨大クルーズ船は、今までに何度かノロウイルスの集団感染の舞台となってきた。船会社も感染症対策には神経をとがらせてはいたろうが、新型ウイルスの不意打ちには打つ手がなかったのか▲船内で何千人もの検疫を行った検疫当局にも不意打ちは同じだろう。人が大量移動する観光立国の時代が、感染症のアウトブレーク(突発的拡大)の時代と表裏一体なのを改めて肝(きも)に銘(めい)じるべきだろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです