特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「桜」前夜祭 解約料不要「参加者との契約を『仲介』」 ホテルと安倍事務所は「合意」 衆院予算委で首相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」の前夜祭について、参加予定者が欠席した場合に発生するキャンセル料が請求されないことなどを、安倍事務所がホテル側と「合意」していたと説明した。首相は「(前夜祭でホテルからサービスを受ける)契約の主体は参加者だ。安倍事務所に収支は一切ない」として政治資金収支報告書への記載は不要だと主張した。立憲民主党の大串博志氏、立憲などの統一会派の小川淳也氏(無所属)への答弁。

 前夜祭について、首相の後援者ら約800人が一人一人ホテル側と「契約」する一方、前夜祭を主催した安倍事務所がその「契約」の詳細を取り決めていたことになる。野党は「あまりに不自然だ」と追及する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文798文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集