メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

新型肺炎の政治学=坂東賢治

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 <moku-go>

 2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行は江沢民氏から胡錦濤氏への権力継承過程で起きた。当時、衛生相だった張文康氏は上海出身で江氏の主治医と言われた。

 張氏は「有効に制御されている」「中国は安全」と強調したが、事実ではなかった。多数の患者が収容されていた北京の中国軍総病院(301病院)の医師が張氏の発言に憤激し、内外のメディアに告発して実態が明るみに出た。

 02年に総書記、03年3月に国家主席に就任した胡氏は政治局常務委員会で「虚偽報告は絶対に許さない」と情報公開の方針を決めた。張氏は更迭され、患者数は8倍以上に修正された。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです