メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「見えにくい存在」を伝える=本多美樹・法政大教授

 年が明けてオリンピック関連の記事が各紙をにぎわす中、毎日新聞1月5日朝刊はスポーツ界における性的少数者(LGBTなど)についての特集を組んだ。記事は、スポーツ界を性的少数者への差別や偏見解消の「最後の関門」とし、そうであることの公表をためらうアスリートの苦悩も伝えており、興味深く読んだ。

 かつて人権問題は各国の国内問題として捉えられ、国際法は少数民族の権利の保護、奴隷売買制度の廃止、外国人の保護などを国家に義務付けることによって間接的に個人の権利を規律するだけだった。その後、労働者の権利など人権の組織的保障制度が成立して、国際法が直接的に個人の権利を保障するようになった。第二次世界大戦後に国連が設立されてからは、人権の国際的保障が包括的に進められてきた。日本でもさまざまな人…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文856文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです