メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「受水槽泳ぐ動画で損害」 投稿者に2000万円求め提訴 福岡の会社

 福岡県志免(しめ)町のアパートの受水槽内で泳ぐ動画をインターネット上に投稿され騒動になったことで、被害弁償や取引停止など約8700万円の損害を被ったとして、受水槽管理を請け負った同県の水道設備工事会社が、動画を投稿した下請け業者の男性2人に2000万円の損害賠償を求め福岡地裁に提訴した。同地裁(大野健太郎裁判官)で5日、第1回口頭弁論があり、被告側は「騒動と損害の因果関係が不明」として請求棄却を求めた。

 訴状などによると、受水槽は大和ハウス工業(大阪市)が建設した賃貸アパートに設置。原告の会社は、大和ハウスから受水槽の給排水設備工事を請け負った別の会社から工事の一部を受注し、その一部をそれぞれ福岡県内で設備工事業を営む当時20代の被告2人に委託した。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

  3. 大阪都構想 維新政治、評価二分 民間委託推進「地下鉄きれいに」「金儲け主義」

  4. どうなる大阪市!なるか「東京に並ぶ副首都」? 都構想 大都市制度巡る議論に一石

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです