メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

AIの公平性、注意必要 「機械学習」めぐりシンポ

機械学習と公平性について議論が交わされたシンポジウム=東京都千代田区で2020年1月9日午後7時44分、柳楽未来撮影

 人工知能(AI)で用いられる技術の一つ「機械学習」の「公平性」を考える研究が活発になっている。機械学習とは、過去の膨大なデータから、機械自身が特徴を見つけ出して将来を予測する手法だ。既に社会で広く利用され始めているが、社会的、倫理的に偏りのある結果が導き出されてしまい、公平性が問題になるケースが報告されている。専門家らは「研究者だけでなく、社会全体で考えていくべき問題だ」と指摘する。

 「機械学習は過去の事例をまねて将来を予測する技術。過去の事例に偏りがあれば結果も偏る。正しく理解して使っていく必要がある」。1月9日、東京都千代田区で機械学習の公平性についてのシンポジウムが開催され、企画者の一人である、AIのベンチャー企業「プリファードネットワークス」(東京)の丸山宏フェローが冒頭で訴えた。平日夜の開催にもかかわらず、会場には企業の技術者ら約350人が集まり、専門家らの講演に耳…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです