感染疑われる乗客いたクルーズ船、新たに入国拒否 30人程度が体調不良訴えか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供
透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 安倍晋三首相は6日、新型肺炎の対策本部会合を首相官邸で開き、香港を出発し、日本の港に入港予定だったクルーズ船「ウェステルダム号」に乗船している外国人の入国を拒否すると表明した。船内には、新型コロナウイルスによる感染症を発症したと疑われる乗客がいたことも明らかにした。政府関係者によると、30人程度が体調不良を訴えているとみられる。日本人も数人が乗船している。

 入国拒否は入管法に基づく措置。首相は「乗船している外国人について、特段の事情がない限り入国を拒否する」と述べた。政府は国家安全保障会議(NSC)の緊急閣僚会合を持ち回りで開き、方針を確認した。入国拒否は、日本人は対象外だが、このクルーズ船からは直接入国させない方向だ。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集