特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会・前夜祭 安倍首相「営業の秘密 明細書の宛名も資料提供できない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で「桜を見る会」を巡る問題などについて答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年2月6日午後1時21分、川田雅浩撮影
衆院本会議で「桜を見る会」を巡る問題などについて答弁する安倍晋三首相=国会内で2020年2月6日午後1時21分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は6日の衆院本会議で、首相後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、会場のホテルの明細書について「ホテル側は、宛名といった部分的なものでも営業の秘密から、公開を前提とした資料提供には応じかねるとのことだ」と述べ、宛名の公表を拒否した。

 前夜祭の会費5000円は、安すぎるのではないかとの疑問を招いている。首相は、前夜祭で提供されたサービスや価格が分かる明細書の公表を…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集