栃木県知事選に元NHK宇都宮放送局長 田野辺隆男氏出馬へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田野辺隆男氏
田野辺隆男氏

 12月の任期満了に伴う栃木県知事選に、元NHK宇都宮放送局長の田野辺隆男氏(59)が無所属で立候補する意向を固めた。毎日新聞の取材に「栃木県がナンバーワンになるため、福田県政の良いところは継承し、未来に向けてより発展させるための新しい選択肢や政策を示したい」と述べた。2月中にも正式に出馬を表明する。

 田野辺氏は、太陽光発電の新技術促進や電気自動車産業の振興を通じて「再生エネルギー発電量全国一の環境先進県を目指し、新たな産業と仕事を作りたい」と、県政への意欲を説明。国全体の防災を担う「防災省」の設置提言と県内誘致を柱とする首都機能移転や、防災医療拠点の誘致、高齢者の孤立の防止なども掲げる。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文533文字)

あわせて読みたい