メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

スポーツで地方を活性化 サイクリストの聖地・今治に移住者ドッと、岡山は3人制プロバスケで集客アップ

瀬戸内しまなみ海道で行われた「サイクリングしまなみ」=2018年10月(愛媛県提供)

 少子高齢化や若者流出など人口減少に直面する地方がスポーツで活気づいている。地域がスポーツを育て、またスポーツが地域の魅力を高めることで、人が集まる好循環が生まれている。スポーツが地方創生の一つの解として根付いている。【鈴木健太、加藤美穂子】

 愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」。1月中旬、来島海峡大橋(今治市)には、サイクリングを楽しむ人たちの姿があった。2回目の訪問という新潟市の公務員、石田耀さん(22)は「海や島々が見える景色は最高。信号が少なくて走りやすいし、アップダウンがあって楽しい」と笑顔で話した。

 全長70キロの自転車道はサイクリストの聖地と呼ばれ、年間約33万人が利用する。四国は人口減少が著しく、愛媛県は約10年前から自転車を核にした活性化策を進めてきた。2015年に専門の自転車新文化推進室(現・自転車新文化推進課)を設け、「自転車県」としてのブランド化を図っている。

この記事は有料記事です。

残り2319文字(全文2725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです