メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「盲導犬代わりのスーツケース」日本IBMなど5社が共同開発、22年めどに実用化目指す

 日本IBMと清水建設など5社は6日、徒歩で移動する視覚障害者を先導するスーツケース型装置を共同開発していると発表した。6月には試作機による実証実験を予定する。白杖(はくじょう)や盲導犬に代わる存在として、2022年をめどに実用化を目指す。

 航空機内に持ち込める大きさで、対話型人工知能(AI)やカメラ、センサーを搭載する。利用者は持ち手をつかみ、声で行き先を告げると地図情報を基…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです