「盲導犬代わりのスーツケース」日本IBMなど5社が共同開発、22年めどに実用化目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本IBMと清水建設など5社は6日、徒歩で移動する視覚障害者を先導するスーツケース型装置を共同開発していると発表した。6月には試作機による実証実験を予定する。白杖(はくじょう)や盲導犬に代わる存在として、2022年をめどに実用化を目指す。

 航空機内に持ち込める大きさで、対話型人工知能(AI)やカメラ、センサーを搭載する。利用者は持ち手をつかみ、声で行き先を告げると地図情報を基…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集