メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米弾劾裁判、トランプ氏に無罪評決 権力乱用と議会妨害 共和党ロムニー氏は造反

ウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判投票の様子=ワシントンの米国議会議事堂で2020年2月5日、AP

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院(共和党53人、民主党系47人)での弾劾裁判は5日、トランプ氏を権力乱用と議会妨害の2条項でいずれも無罪とする評決を下した。

 権力乱用については、陪審員の上院議員のうち48人が有罪、52人が無罪との判断を示した。野党・民主党は全員が有罪、与党・共和党からは、ロムニー上院議員のみが有罪と判断した。

 議会妨害については、有罪が47、無罪が53で党派に沿った形となった。いずれも罷免に必要な3分の2以上の有罪票には達せず、無罪が確定した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです