米弾劾裁判、トランプ氏に無罪評決 権力乱用と議会妨害 共和党ロムニー氏は造反

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判投票の様子=ワシントンの米国議会議事堂で2020年2月5日、AP
ウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判投票の様子=ワシントンの米国議会議事堂で2020年2月5日、AP

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院(共和党53人、民主党系47人)での弾劾裁判は5日、トランプ氏を権力乱用と議会妨害の2条項でいずれも無罪とする評決を下した。

 権力乱用については、陪審員の上院議員のうち48人が有罪、52人が無罪との判断を示した。野党・民主党は全員が有罪、与党・共和党からは、ロムニー上院議員のみが有罪と判断した。

 議会妨害については、有罪が47、無罪が53で党派に沿った形となった。いずれも罷免に必要な3分の2以上の有罪票には達せず、無罪が確定した。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集