メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾「マスク購入1人1週間で2枚まで」制限 新型肺炎、医療関係者らに確保

マスクを買うため朝から薬局の前に行列をつくる市民=台北市中山区で2020年2月6日午前9時13分、福岡静哉撮影

 新型肺炎の拡大を受け、台湾で6日、マスク購入を1人あたり1週間で2枚までに制限する制度が始まった。医療関係者や病人などに十分なマスクを確保するため。高い医療水準を誇る台湾だが、中国などの反対で世界保健機関(WHO)の関連会議に招かれず、防疫情報をいち早く入手することに苦心。衛生当局も必死の対応を続けている。

 各地の薬局前では早朝から大勢の市民が長蛇の列を作ったが、目立った混乱は起きていない。台北市で行列に並んでいた陳美玲さん(71)は「持病があるので新型肺炎への感染はとても怖い。マスクが無いと不安だ」と話した。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです