浜松市も「パートナーシップ宣誓」導入へ LGBTや事実婚カップル対象に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パートナーシップ宣誓制度の4月1日施行が報告された浜松市議会市民文教委員会=浜松市役所で2020年2月6日午前10時14分、福沢光一撮影
パートナーシップ宣誓制度の4月1日施行が報告された浜松市議会市民文教委員会=浜松市役所で2020年2月6日午前10時14分、福沢光一撮影

 浜松市は、お互いを人生のパートナーとする宣誓書を提出したLGBTなど性的少数者や事実婚のカップルに対し、受領証を交付する「浜松市パートナーシップ宣誓制度」を4月1日から始める。6日の市議会市民文教委員会で報告された。

 同性カップルを認める制度は2015年に東京都渋谷区と同世田谷区が始め、全国30以上の自治体に広がっているが、静岡県内では初めて。浜松市は、19年の千葉市のように事実婚のカップルも対象…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

あわせて読みたい

注目の特集