元高見山の渡辺大五郎さん「国技であることを忘れてはいけない」 大相撲有識者会議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席した元高見山の渡辺大五郎さん(右から3人目)=東京・両国国技館で2020年2月6日午後2時58分、村社拓信撮影
「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席した元高見山の渡辺大五郎さん(右から3人目)=東京・両国国技館で2020年2月6日午後2時58分、村社拓信撮影

 日本相撲協会が設置する諮問機関、「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の会合が6日、東京・両国国技館で開かれた。米ハワイ出身で先々代東関親方として横綱・曙らを育てた元関脇・高見山の渡辺大五郎さん(75)を招き、大相撲の国際化について議論した。

 記者会見した山内昌之委員長(東大名誉教授)によると、渡…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

注目の特集