メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

科学 北大教授「重症化した人に力をそそぐべきだ」

訓練で自動音声翻訳機を使って、中国人患者役の女性に説明をする医師ら=鳥取市内で4日

[PR]

 北海道大学ほっかいどうだいがく西浦にしうらひろし教授きょうじゅは4よっか東京とうきょう記者きしゃ会見かいけんし、新型しんがたコロナウイルスの感染者かんせんしゃの2ふたりに1ひとりが、発熱はつねつなどの症状しょうじょうていない期間中きかんちゅう感染者かんせんしゃからうつされたとする研究けんきゅう結果けっか発表はっぴょうしました。また、感染かんせんしていのちにかかわるりつ致死ちしりつ)は0・3~0・6%程度ていどとも分析ぶんせき。「健康けんこうひとで、適切てきせつ治療ちりょうをうければくなるひとはほぼいないとかんがえられる致死ちしりつ」としています。

 西浦にしうら教授きょうじゅ研究けんきゅうグループは、中国ちゅうごくやベトナムなどが発表はっぴょうした感染者かんせんしゃけい52にんのデータを分析ぶんせきしました。日本にっぽん新型しんがたコロナウイルスによる肺炎はいえんについて、法律ほうりつもとづく「指定してい感染症かんせんしょう」にして、症状しょうじょうのある感染者かんせんしゃ強制きょうせいてき入院にゅういんさせることなどができるようにしています。しかし西浦にしうら教授きょうじゅは、感染者かんせんしゃの「ふうめ」はむずかしく、「一部いちぶ重症じゅうしょうしたひとたいする医療いりょう整備せいびちからそそぐべきだ」と強調きょうちょうしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです